産み分けで女の子ができやすいphっていくつ?

酸性にする

いろいろと、産み分けについて調べているとどうやら大事なのは

 

膣内のphではないのか?という結論になったわけですよ。

 

酸性だったら、女の子ができやすくて

アルカリ性なら男の子ができやすいのではないか?

 

そんな風に思うんです。

 

排卵日2日前にするのだって、排卵日近くなったら膣内がアルカリ性になるからじゃない?

やっぱり酸性かアルカリ性ってのが大事なのかも。

 

もちろん、X精子ちゃんが長生き、Y精子ちゃんは1日しか生きられない。

 

だから、排卵日2日前って妊娠の確率もあがり、女の子ができやすいってわけだね。

 

でも、排卵日2日目の膣内のphっていくつなのってこと?

 

 

女の子ができやすいphっていくつ?

女の子ができる精子ちゃん(X精子ちゃん)は、ph4.0~4.5を好むとアメリカでは言われています。

 

なので、トライするときの膣内をph4.0~4.5にすればいい。

 

phが低ければいいってもんじゃない

そう。酸性がいいのねーって思ってph2とか極端にやってしまった場合。

赤ちゃんできません。

 

精子のたんぱく質が変形してしまいます。

 

なので、ph4以下にしないようにしましょう。

 

しかし、ライム洗浄などでph3のものを膣内にいれて

膣内のphを調べたらph5だったっていうこともあります。

 

膣内のph4以下にならないよう、調合する必要があります。

 

そんなのめんどくさいって言う方は、ピンクゼリーお勧めです。

https://umiwakeonnnanoko.xyz/post-30/

 

排卵期のおりもの(粘液)のph

排卵期の粘液のphは、弱アルカリ性のph7.0~8.5というデータもあります。

参考:研修コーナー – 日本産科婦人科学会

 

排卵期は、やっぱアルカリ性になるんですね。

 

膣内のphの変化

普通、通常の状態の膣内のphは、3.5~4.5の弱酸性になっています。

 

これは、ばい菌や細菌の侵入を防ぐ為にそうなっています。

 

アルカリ性に傾くとカンジダとかなるんですね。私昔よくなっていました。

 

排卵時期が近づくと子宮頚管粘液が分泌されます。排卵日近くになると、下着に透明なおりものがつくときありませんか?

 

それが、子宮頸管粘液なんです。のびおりとか言われるやつですね。

 

その子宮頸管粘液のphは、7.0~8.5のアルカリ性。

 

精液は、アルカリ性の中でとっても元気になるんですね。

なので、妊娠しやすいように膣内はアルカリ性になるんですね。

 

そして、その子宮頸管粘液のおかげ?せい?で、

排卵日近くには、膣内のphは、4.0~6.0になるわけです。

 

やっかいなことに、膣内のphは、個人差が大変大きくなります。

 

同じ性別が立て続けに生まれる方は、膣内のphがどちらかに大きく傾いているなんて言われています。

 

あー、私ってやっぱりアルカリ性に偏っているんだと思うわけです。はい。

 

まとめると?膣内のphの変化

通常の状態  ph3.5~4.5

排卵日ちかく ph4.0~6.0

 

X精子ちゃんに最適なph⇒ph4.0~4.5

性交時のphの変化

 

女性がオーガズム(いく)と膣液が分泌されます。

 

塩見乾さんのデータによると

・通常時pH値:4.0~5.6(酸性)
・1回目のオーガズム:pH6.4(中性)
・2回目のオーガズム:pH7.2(中性)

参考:http://産み分けゼリー比較.jp/2017/12/24/%E5%A5%B3%E6%80%A7%E3%81%AE%E8%86%A3%E5%86%85%EF%BD%90%EF%BD%88%E3%81%A8%E7%94%9F%E7%90%86%E5%91%A8%E6%9C%9F%E3%81%AE%E9%96%A2%E4%BF%82/

 

なんていうデータもあります。

 

やはり、膣内のphっていうのは産み分けには最重要項目と私思います!

 

個人差もあるので、ちょっとデータをとっておもしろいかもしれませんね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました