o+12法で女の子の産み分けをしよう!

様々な産み分け方法

本当に、様々な産み分け方法ってあるんですね。

調べていくと、え?なにこの産み分け法?知らない?っていうのがよくあります。

その中の一つがo+12法の産み分け法でした。

o+12法の産み分けって?

ん?って思うこともあるかもしれませんが、紹介します。

o+12法の産み分けのやり方
  • 7日間射精をしない(X精子ちゃんの方が長生きなため、X精子ちゃんだらけになると考えられているよう)
  • 排卵日を正確に把握をし、排卵8~12時間後に性交をする

排卵日の把握には、福さん式のおりものの状態を見ると良いね。ベタベタになったら排卵したってことだもんね。

https://umiwakeonnnanoko.xyz/fukusann/

 

さあ、あなたはどう感じましたか?

 

様々な産み分け方法を調べているので、え?薄め作業をするんじゃないの?

 

7日も溜めたら、Y精子くんがたくさんにならないの?

 

排卵後って妊娠できるの?そもそも、福ちゃん式では、子宮口がギュって閉じてるけど?

 

なーんていろいろ思いますよね。私も思いました。よし、徹底的に調べるよ。

o+12法は誰が作ったの?

この方法は、6人の男の子のお母さんによって発見された方法になります。

 

そのお母さんは、2人目から女の子がほしくて、産み分けをしましたが、6人続けて男の子を出産します。

 

そのときに試した産み分け方法がこちら

一人目→産み分けなしで男の子

二人目→隣人からのアドバイスで頻回に旦那さんと仲良し排卵日3日前で男の子

三人目→シェトルズ法について学び、タイミングが最も重要であると思い排卵日3日前で男の子

四人目→シェトルズ法の他、食事制限、カルシウム<サプリメント基礎体温を一年以上続けた後、お酢洗浄をしたうえで4日前!で男の子

五人目→シェトルズ法を信じ、食事制限を継続したうえでほぼ5日前の仲良しで男の子

六人目→2日前で女の子を授かった友人からのアドバイスを受け、おそらく排卵日2日前が一番だと判断。男の子

参考:http://ttc-girl.hatenablog.jp/entry/2017/08/25/234657

 

皆さんが試しているであろう、女の子を産み分け方法をしても男の子を出産した、このお母さん。

 

だから、シャトルズ法は信じられなくなったのでしょう。

 

そして彼女の産婦人科医や看護師さんにシャトルズ法の成功率の低さを教えてもらい、なんと

50%を切っていたようです。

 

この方法では、女の子は授かれないわ!と確信しました。

 

そしてこのお母さんは女の子を授かるためにまったく違う方法を試したのでした。

 

シャトルズ法で排卵日の特定は、できるようになっていたので、排卵のサインが消えてから12時間後に性交をして、7人目にして女の子を授かったのでした。

 

これが、o+12法の産み分けの歴史になります。

0+12法の読み方は?意味は?

o+12法の読み方は、おーぷらすとぅえるぶです。

 

オーなんですね、ゼロではないんだね。

 

0+12法ではなくて、o+12法です(あんまり違いは分からないけど、英語のoなんですね)

 

Oの意味は⇒ovligation(排卵日)

 

なので、排卵日の12時間後に性交すると女の子が産まれるという産み分け方法です。

 

日本では、あまり聞かないですし、なじみがありませんが、アメリカではけっこう主流な産み分け方法です。

 

排卵日12時間後の把握ってけっこう難しいですが、排卵検査薬や基礎体温を使えば、把握することも可能になります。

 

絶対12時間後に性交しなくてはいけないというわけではなくて、排卵後6~12時間の間に性交すればいいと考えられています。

 

卵子の寿命が排卵12時間なので、その考え方から、排卵後12時間までにということです。

 

女の子の産み分けは、排卵日2日前なんじゃないの?!

そう。そうなんです!!だから、え?!とあなたもそして私もそう思いましたよね?

 

精子のXちゃんは、長生きだから排卵日2日前にするんじゃなかったの?

 

そう、でもそれと同じくらい膣内を酸性にするってとても大事なのも知っていますよね?

 

そして、排卵時はアルカリ性の膣内も、排卵後は、酸性になります。

 

なので、排卵後6~12時間に性交と言われているんです。

 

ズバリ、膣内の酸性かどうかが重要というわけですね。

 

膣内を酸性にするならハローベビーガールなどもお勧めですね

https://umiwakeonnnanoko.xyz/post-30/

 

o+12法で女の子の産み分けに成功したブログ

なかなか日本では、知られていないo+12法での産み分け。成功した方がいないか探してみました。

 

なんと1人の方が見つかりました。日本では、主流なやり方ではありませんもんね。

また見つけ次第、アップします。

 

●アメリカの女の子産み分け方法【体験談】

O+12法とは?シェトルズ法より成功率が高く、アメリカでメジャーな産み分け方法 - Mab-Blog
O+12についてお話しします。日本ではほぼ、知名度がなしに等しいのではないでしょうか。しかしアメリカではシェトルズ法以上に実行している人が多い産み分け方です。このページでo+12の歴史、詳しい行い方などご紹介します。

 

膣内を酸性にするのに有効なゼリーを使うのも手

やっぱり膣内のphってとても大事なんです。

 

酸性なら女の子ができやすい、アルカリ性なら男の子ができやすいんです。

 

つまり、膣内を酸性にすればいいんですよね。

 

だったら、ジェンビーのピンクゼリーを使って膣内を酸性にすることもできます。

 

産み分けゼリーもいろいろありますが、一番酸性なのが、ジェンビーなんです^^

こちらにも記事を書いています⇒https://umiwakeonnnanoko.xyz/post-295/

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました